★ I love

   I am me. All are one★Link Free!




スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
↑top

私は、私である。すべては、ひとつである。

神との対話―宇宙をみつける自分をみつける
神との対話―宇宙をみつける自分をみつけるニール・ドナルド ウォルシュ Neale Donald Walsch 吉田 利子

サンマーク出版 2002-04
売り上げランキング : 781

おすすめ平均 star
star訳者の言葉に嘘はなし
starこの本の価値は自分で決めるものかもしれませんね。
star文庫は☆2つ

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この本の中の一節に出てくる言葉。
なるほどなぁ。と共感させられました。
神との対話〈2〉宇宙を生きる自分を生きる
神との対話〈2〉宇宙を生きる自分を生きるニール・ドナルド ウォルシュ Neale Donald Walsch 吉田 利子

サンマーク出版 2002-06
売り上げランキング : 2,362

おすすめ平均 star
star何度読んでも新たな発見のある宝物
starなかなかGOOD
starすばらしい。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

何かの望みをかなえたいなら、まず、それを達成しているところを、考え、言葉にし、行動する。
あたりまえのことかもしれませんが、何かに迷ったときなど、
あたりまえのことを思い出させてくれる。

何かになりたいなら、それを達成する近道は、ただそう在ればいい。
在り方をかえるのが一番の近道。
宣言し、そうあればいい。

私は私である。
すべてはひとつである。

神はすべてであり、そして一つである。
宇宙もすべてのものも、最初は一からはじまった。
そして今も、未来も永遠にひとつである。

善と悪があるのは、二元性的なもの、高いと低いがあるように、
暑いと寒いがあるように。。。
善を感じるために悪がある。
寒いということが、感じれるから暑いが存在する。
寒さに比べて暑いということ。
善悪もおなじような、基準でしかない。

すべての宗教的は、同じことを語っている。
ただ、互いの宗教を認めれない歴史がある。

私は私である。
すべては一つである。

何度も読み返しました。
本当のことを語っているように、私は感じます。

神との対話〈3〉宇宙になる自分になる
神との対話〈3〉宇宙になる自分になるニール・ドナルド ウォルシュ Neale Donald Walsch 吉田 利子

おすすめ平均
stars本当のことを教えてくれる本
starsお奨め
stars『何事も成らぬといふ事なし」
stars人生というゲームの攻略本
stars年寄りほど、中年ほど、、

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


関連リンク
ReCreation
「神との対話」著者ニール・ドナルド ウォルシュさんの設立組織(英語)
http://www.cwg.org/
:Google翻訳) 
Remember One
「神との対話」ニューズレター日本語公式サイト
http://www.remember-one.com/
神との対話
読者の個人の方が作成されているページです。
http://ca.geocities.com/yutakagod/god.html

テーマ:哲学 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/05/22(月) 00:59:09|
  2. book
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
↑top

<<新しくなったYahoo!US | ホーム | 中国のキリスト教団体「ダ・ヴィンチ・コード、ボイコットを」>>



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://iamall.blog61.fc2.com/tb.php/96-9b2eb9af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
↑top
Watch the latest videos on YouTube.com







Google
Web I love


google pagerank

i Love ...


リンク

このブログをリンクに追加する





MacBook Pro
fc2bookmark
@TOWER.JP heteml チカッパ!




比率計算機

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。